• 第1回
    DCチュートリアル

DCチュートリアル

クラウドコンピューティングとシスコ

シスコ サービスプロバイダー マーケティングのWayne Cullenが、クラウドコンピューティングに対するシスコの考え方、特に、サービス・プロバイダーのお客様に対し、どのようにお力添えできるかについて解説します。Cisco Unified Service Deliveryを礎に開発されたCommunications & Collaboration Solutions、End-toEnd IaaS-Enabling Solutions、Pervasive Trust & Security Solutionについて触れながら、クラウドコンピューティングに対するシスコのアプローチをご説明差し上げます。

見てみる

OTVイントロダクション

データセンター事業部のNEXUS 7000のプロダクトマネージャであるBill Lulofsが、OTV - Overlay Transport Virtualizationの概要についてご説明します。複数の拠点や多様な接続環境を容易に結合できるよう、L2ドメインをCiscoが拡張して開発したLANテクノロジーソリューションであるOTVは、あらゆるIPネットワーク上や、LAN/MAN/WAN上で利用できる柔軟性を備えています。またOTVは、VMotionとの高い親和性にも大きな期待がよせられているテクノロジーです。リソースの運用効率を改善し、仮想化を支援するトンネルEthernet技術であるOTVの詳細と、OTVを使うことによって得られるNEXUS 7000の革新性をビデオでご確認ください。

見てみる

UCSとそのマネージメントについての解説

サーバアクセス アンド バーチャリゼーション事業部のTechnical Marketing ManagerであるRoger Anderssonが、UCSおよびそのマネージメントについて解説します。シスコのパートナ企業であるBMCとBladeLogicの非常に興味深い事例を挙げ、USCを採用することで得られる柔軟性と他システムとの高い親和性をご説明差し上げます。

見てみる

NEXUS 5000 Unified Fabricの概要

サーバアクセス アンド バーチャリゼーション事業部のProduct ManagerであるJimmy Shahが、データセンターにおけるNEXUS 5000 Unified Fabricの有効性と、FCO標準のアップデートについて解説します。アリゾナ大学における実装の事例と共に、NEXUS 5000の採用が提供するアーキテクチャ、管理、オペレーションにおけるベストプラクティスの詳細をビデオとスライドでご確認ください。

見てみる

関連ニュース
・TELUS、IP 次世代ネットワークによる クラウド サービスの構築に シスコの Unified Service Delivery テクノロジーを活用  詳しくはこちら
・Red Hatとシスコ、仮想化テクノロジーの統合における関係を強化  詳しくはこちら
・400 社を超えるグローバル企業が Cisco Unified Computing System を採用、ビジネスの俊敏性、コスト削減、業務効率に効果  詳しくはこちら
・シスコ、仮想化およびクラウドベースのデータセンター環境をサポートする柔軟なアーキテクチャを提供  詳しくはこちら
関連情報
・Cisco OTV(Overlay Transport Virtualization)の概要  詳しくはこちら
・Cisco Nexus 5000シリーズ製品情報  詳しくはこちら
・Cisco Unified Computing System製品情報  詳しくはこちら
・サービスプロバイダー向けデータセンターと仮想化  詳しくはこちら