VNI 予測レポート ハイライト

【最新レポート】Cisco Visual Networking Index 予測:2009-2014

コンシューマ、ビジネス、モバイルを含めたIPネットワーキングのトレンドを大きく左右するのは、ビデオ、ソーシャル ネットワーキング、高度なコラボレーションという3つの要素です。これらはまとめてVisual Networking (ビジュアル ネットワーキング)と呼ばれています。

Cisco Visual Networking Index (VNI) は、全世界のIPネットワークにおけるビジュアルネットワーキング アプリケーションの影響を追跡し、利用状況を予測・分析することを目的としたシスコの継続的な取り組みであり、年に一度、6月に発表(モバイルについては2月)されるIPトラフィックの予測結果は、信頼できる業界指標のひとつとして広く利用されています。

先日発表された本年度の結果によると、世界のインターネット トラフィックは、2014 年までに現在の 4 倍の 767 エクサバイト(3/4 ゼタバイト以上)に達し、2010年末には、世界のインターネットビデオトラフィック量が、ピアツーピアのトラフィック量を上回ると予測されています。 P2P以外のトラフィックがインターネットトラフィック量の首位につけるのは、この10年で初めてのことになります。

こちらのビデオではシスコのワールドワイド サービスプロバイダマーケティング ストラテジック コミュニケーションズ ディレクタ のDoug Websterが、サービスプロバイダーの皆様へ、最新のVNI予測レポートからハイライトをご紹介します。

  • 2014年までに、世界中のIPネットワークのIPトラフィック総量は3/4ゼタバイトへ
  • 2013年と2014年のトラフィック予測量の差は100エクサバイト(2008年における世界の全IPトラフィックの10倍)
  • Webベースの会議や、臨場感のあるより高精細なビデオ会議によって、ビジネスにおけるビデオトラフィックも大きく増加
  • 2009年から2014年で、モバイルネットワーク上のビデオトラフィックは66倍に増加し、モバイルネットワークの全トラフィックの2/3を占める
  • 2014年までには120億台ものコンシューマデバイスがネットワークに接続(昨年の予測では、2013年までに約80億台)
最新のニュース
・シスコ、今年度の「Cisco Visual Networking Index Forecast」調査で2014年までに世界のIPトラフィックが4倍以上増加すると予測 詳しくはこちら
 
関連情報
・Cisco Visual Networking Index: 予測と方法論、2009-2014 詳しくはこちら
・ハイパーコネクティビティとゼタバイト時代の到来 詳しくはこちら
・Cisco Visual Networking Index:ブロードバンド需要を見極めるためのベンチマーク 詳しくはこちら