オンラインセミナー
  • 創刊第2号特別企画:エキスパートによる技術セミナー3本立て + トニー・リー来日講演

*IE8でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

エキスパートによる技術セミナー

Internet 2011 and beyond

Internet 2011 and beyondイメージ画像シスコは IPv6 との共存、移行のための技術開発に早くから取り組んでおり、標準化や製品への機能実装において大きな成功をおさめてきました。昨年から今年にかけて、多くの企業で IPv6 対策が始まっていますが、その成功事例と今後の課題について、シスコ ディスティングイッシュド エンジニアのマーク・タウンズレー(MarkTownsley)が解説します。
VoDセミナーを観る

The MPLS Transport Profile

MPLS-TPイメージ画像従来、信頼性の高いSDHネットワークで提供されていた固定電話や専用線などのサービスを、より柔軟性の高いパケット ネットワークでも提供可能にするパケットトランスポート技術。その主流となっているのがMPLS-TPです。MPLS-TPの技術的な背景から、構成要素、実装例、標準化の現状まで、プリンシパル・エンジニアであるサミ・ブトロス(Sami Boutros)が紹介します。
VoDセミナーを観る

注: 本ビデオは2010年11月に撮影されました。撮影後、NGXPはCisco Carrier Packet Transport (CPT) として11月にリリースされました。

BGP プロトコルに関する取り組み:実践から実験まで

BGPイメージ画像代表的な経路制御プロトコルBGPを使ったルーティングについて、Cisco IOS開発チームのプリンシパル・エンジニアであるロバート・ラザック(Robert Raszuk)が最新情報を解説します。新たな属性wide BGP Communityの活用方法、最適なルートリフレクションの提案、さらにエンコーディングのためのBGP Diagnosticメッセージという開発中のアイデアまで、充実した内容でお届けします。
VoDセミナーを観る

 

エキスパートによる技術セミナー

Cisco Internet Architecture Forum基調講演

IAFイメージ画像 持続可能なインターネット、それはシスコにとっての大きな命題です。IPv6の本格運用に伴い経路が激増してゆく中、パフォーマンス、コストの両面で最適化を図る方法とは?ルーティングリサーチグループ(RRG)の研究から導かれた3つの提案とは? 2010年11月に開催されたCisco Internet Architecture Forumにおいて、孫の世代まで使える「これからのインターネット」のあるべき姿とはどのようなものか、シスコフェローであるトニー・リー(Tony Li)が迫りました。
ビデオを観る

注: 本ビデオは、2010年11月に開催されたCisco Internet Architecture Forumでの講演を収録したものです。