トピックス

*IE8でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

製品情報

Cisco CRS-3 100GbEが切り拓く、新しいインターネットの世界

データセンター/クラウドとの連携により、次世代インターネットの基盤として10年先のビデオ、モバイル、エンターテイメントの変革を実現するCisco CRS-3。このたび、100GbEインタフェース モジュールの販売を開始しました。

Cisco CRS-3 1 ポート100ギガビット イーサネット インタフェース モジュール

Cisco CRS-3は、システムあたり最大322Tbpsの大容量トラフィックに対応し、Network Positioning System (NPS)およびCloud VPNによるデータセンター/クラウドとの連携を通して、対 Cisco CRS-1比60%減の電力消費量でビデオなどの次世代サービスの提供を実現します。また、独自開発のQuantum Flow Arrayによって、かつてない処理能力と拡張性が提供されます。

CRS-1とCRS-3の消費電力の比較
Cisco CRS-3のテクノロジーを支えるQuantumFlow Arrayの概略

2010年度Interop Tokyoにおいては、「Cisco CRS-3キャリア ルーティング システム」が“Best of Show Award”プロダクト アワード部門 キャリア/SP向けネットワーク インフラ構築製品グランプリを、「100GBASE-LR4相互接続」が“Best of Show Award”ShowNetプロダクト部門のグランプリをそれぞれ受賞しています。

また、世界最大手の通信事業社の一社であるAT&Tは、Cisco CRS-3の試験導入により、同社のニューオリンズとマイアミを結ぶ商用ネットワークにおいて、世界初となる100ギガビット バックボーン ネットワーク テクノロジーのフィールド トライアルに成功しています。この実験の成功により、消費者や企業向けに提供する最先端サービス(固定およびモバイル)の急増に対応するためにAT&Tが取り組んでいる、次世代バックボーン ネットワーク テクノロジーの開発がさらに前進します。

AT&T Labs社長兼CEO、キース・キャンブロン氏
「世界的な通信およびエンターテイメント分野のサービスやアプリケーションは今、新たな時代を迎えており、新しい高度なインターネット ネットワーキング技術が求められています。AT&Tのネットワークが2009年に処理したトラフィックは、前年に比べて40%も増加し、この傾向は2010年も続いています。最大級の世界的データ ネットワークを管理することにかけて最前線の経験を持つ当社にとって、シスコと緊密に協力し、画期的なCisco CRS-3プラットフォームを導入することにより、今後数年にわたって消費者や企業向けに新しい魅力あるサービスを開発、提供できることは、大きな喜びです」

従来のコア ルータの限界を超える100GbEの新しい世界を、Cisco CRS-3で切り拓きましょう。

関連リンク

Cisco Carrier Routing System - 製品イントロダクション 詳細はこちら

サービスプロバイダー向けソリューション - ネットワーク インフラストラクチャ 詳細はこちら

シスコ、次世代インターネットの基盤となる「Cisco CRS-3キャリア ルーティング システム」を発表(2010年3月10日) 詳細はこちら

シスコ、「Interop Tokyo 2010」において“Best of Show Award”を多数受賞(2010年6月10日) 詳細はこちら