クローズアップ

*IE8、IE9でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

ボーダレス ネットワーク システム導入事例

ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム株式会社、新マネージドCPEサービスに
Cisco ISR G2を全面採用

イメージ

20 年以上の実績を持つ高品質で安定性の高い情報通信サービスによって、企業の多様な経営課題に応え続けているソフトバンクテレコム株式会社。同社では 2012 年 3 月から、クラウド時代に対応した新たなマネージド CPE サービス「マネージドCPE-S」の提供をスタートしている。このサービスを実現するために全面採用されたのが、シスコの第 2 世代サービス統合型ルータ(ISR G2)をはじめとする、シスコのボーダレスネットワークアーキテクチャ製品だ。これによって高品質、柔軟性の高さ、最適価格の実現に成功。世界 220 カ国に及ぶグローバルなサービスを、ワンストップでシームレスに提供することも可能になった。今後はさらにサービス内容を拡充し、エンド・ツー・エンドのネットワークを提供することで、顧客企業の競争力強化とさらなる成長への貢献を目指している。

クラウド時代のニーズを満たすため
“4 つの S”を実現したCPEサービスへ

拠点間をつなぐネットワークをどのようにして構築していくか。これがいま再び、企業経営の重要課題として注目されるようになってきた。その背景には企業システムにおける、クラウド化の進展がある。クラウド化されたシステムでは、ユーザーが活動する各拠点とデータセンターとの間を、高品質なネットワークで結ぶ必要がある。しかし単に通信品質が高いだけでは十分ではない。クラウドで利用されるアプリケーションは多様化しているため、目的に応じたきめ細かい設定も重要なのだ。またコスト抑制へのプレッシャーも高まっている。これらの要求をいかにして満たしていくかが、現在の拠点間ネットワークには問われているのである。

このような多岐にわたる課題に対応するため、2012 年 3 月に「マネージド CPE-S」サービスを開始したのが、ソフトバンクテレコム株式会社である。CPE とは“Customer Premises Equipment”の略であり、拠点間通信を行うために通信業者が加入者サイトに設置する機器を意味する。ソフトバンクテレコムでは 2001 年から「マネージド CPE」サービスを提供することで、企業の拠点間通信にニーズに応え続けてきた。これを大幅にリニューアルし、新たな顧客ニーズへの対応を実現したのが「マネージド CPE-S」なのだ。

「利便性の高いクラウド時代に適したルータを採用したことで、サービスの可能性が飛躍的に広がりました」

ソフトバンクテレコム株式会社 営業開発本部 サービスオペレーション第 1 統括部 運用企画管理部 開発課 課長 高橋 誠 氏

「ブランド名に新たに加えられた“S”には、4 つの意味が込められています」と説明するのは、ソフトバンクテレコム株式会社 営業開発本部 サービスオペレーション第 1 統括部 運用企画管理部 開発課 課長の高橋 誠氏だ。それは(1)国内・国際の継ぎ目がないこと(Seamless)、(2)法人利用に適した信頼性・安定性(Stable)(3)高機能(Smart)、(4)最適な料金(with the most Suitable price)なのだと言う。「高品質かつ柔軟性の高いサービスを最適料金でご提供し、クラウド時代のニーズにお応えすること。それがこのサービスの目的なのです」

サービス提供内容は、大きく 3 つの柱で構成されている。

まず第 1 はソフトバンクテレコム回線とバンドルする形でのネットワーク機器の提供。以前は複数ベンダーのネットワーク機器が利用されていたが、「マネージド CPE-S」ではシスコの第 2 世代サービス統合型ルータ、Cisco ISR G2 に統一されている。

第 2 はワンストップでの保守サポートだ。問題発生時にはお客様窓口で問い合わせを受け、そこで問題の切り分けを実施する。また各種設計要件にも柔軟に対応できる体制を整えている。

そして第 3 がネットワーク機器の 「PING 監視」と「簡易性能レポート」の提供である。ネットワークシステム全体を「見える化」することで、問題発生前にその予兆をとらえ、解消することを可能にしている。これも基本サービスとして標準提供されているのである。

このサービスでもう 1 つ注目したいのが対象エリアの広さだ。日本全国はもちろんのこと、海外も世界 220 の国と地域をカバーしている。グローバルビジネスの要求にも、ワンストップで対応できるのである。

マネージド CPE-S のサービス提供内容

ボーダレス ネットワーク システム導入事例 : ソフトバンクテレコム株式会社