ケーススタディ
  • NTTぷららがCisco UCSを基盤としたCisco VXIを社内展開

*IE8、IE9でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

NTTぷららがCisco UCSを基盤としたCisco VXIを社内展開

〜デスクトップの仮想化などによる節電努力によりオフィス全体の消費電力を36%削減、セキュリティ強化や利便性向上の効果も〜

イメージ

2011年3月に発生した東日本大震災以降、省電力化に力を入れる企業が増えている。その一環としてCisco VXIによるデスクトップ仮想化を推進しているのが、株式会社NTTぷららだ。これによってデスクトップ(ユーザPC)に関係する消費電力を45%削減。オフィス全体でも36%の省電力化を達成している。

 株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」、インターネット接続サービス「ぷらら」を提供するサービスプロバイダーである。2012年9月末における会員数は、「ひかりTV」が224万人、インターネット接続サービス「ぷらら」が311万人に上る。CSRにも積極的に取り組んでおり、Customer、Communication、Challenge、Creationの4CにCSRを加えた「4C+C」の重視を、企業理念に掲げている。

株式会社 NTTぷらら 取締役 企画総務部長 オペレーション本部長 兼務 CISO(最高情報セキュリティ責任者) 佐藤 隆一 氏
株式会社 NTTぷらら 取締役 技術本部長 永田 勝美 氏

 そのNTTぷららが東日本大震災以降、積極化しているのが省電力化への取り組みだ。「NTTグループでは30%の節電目標が掲げられましたが、私どももそれ以上の目標を達成するために、様々な施策を実施してきました」と説明するのは、NTTぷらら 取締役で企画総務部長を務める佐藤隆一氏。その一環として、社内照明のLED化やオフィス照明の間引き点灯、夜残業の縮減等を実施してきたという。「オフィスの消費電力ではデスクトップPCも大きな割合を占めています。これを削減するためには、デスクトップの仮想化も不可欠だと判断しました」。

 震災後の計画停電実施の時点ですぐに検討を開始。複数ベンダーの方式を比較検討した結果、2011年5月中旬にはCisco UCSを基盤としたCisco VXIの採用を決定する。そして2012年7月初旬には、約300台に上るPCが仮想化された。

 Cisco VXIを選択した理由について、NTTぷらら 取締役 技術本部長の永田勝美氏は「基盤となるCisco UCSのネットワーク構成がシンプルで運用や拡張が容易な点が大きなポイントです」と説明。また仮想化ソフトのVMware Viewによって従来のPC環境をそのまま移行できる点も重視したという。さらにシスコによる対応のスピード感も高く評価されている。「夏の節電要請に合わせるためには7月初頭に稼働開始する必要があるため、導入期間はわずか1ヶ月半しかありません。シスコはこの要請に対して、具体的で現実的な提案をしてくれました」

 それでは実際にどの程度の節電効果があったのか。NTTぷららによる実測では、従来のPCの消費電力は約60〜80W。これをCisco VXC(Cisco VXIのクライアント端末)に置き換えることで、消費電力は7Wにまで削減された。仮想デスクトップを動かすためのサーバの消費電力を加算しても、節電効果は45%に達するという。これに照明のLED化等を加えたオフィス全体の省電力化は、2011年夏で約30%、2012年夏には36%を達成している(2010年夏と比較した場合)。

 効果は省電力化だけに止まらない。運用負担も軽減されている。例えば新人研修などの一時的な人事配属等に伴うPC環境整備には、以前は1台あたり一日以上かかっていたが、現在では30分で済むようになっているのだ。またデータを端末側に置かないため、セキュリティも強化されている。

ニーズ 導入ソリューション 導入効果

 ユーザの利便性も向上した。従来のPCは起動に数分かかっていたが、Cisco VXCは10秒程度で利用可能だ。また自分のデスク以外の端末でも、自分のデスクトップを利用できる。端末のサイズが小さいため、机上を広々と使えることも大きなメリットだ。

 NTTぷららは2011年12月に、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」と労働安全衛生マネジメントシステムの準国際規格「OHSAS18001」を同時に取得しているが、これに関しても「デスクトップの仮想化が重要な役割を果たしています」と佐藤氏はいう。そしてこれらの認証を取得することで、公共施設への入札が有利になっていることも、見逃せない効果だと指摘する。

 NTTぷららのケースでもわかるように、仮想デスクトップは省電力化の切り札になり得るテクノロジーだといえる。そしてこれに適切な形でアプローチすることで、それ以上の効果も期待できるのである。