トピックス

*IE8、IE9でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

シスコ、CES2013にて Cisco Videoscape Unity 発表

イメージ

シスコは、米国ラスベガスで開催されたCES 2013において、新しくより高機能となったビデオ配信プラットフォームVideoscape Unityを発表しました。

サービスプロバイダーやメディア企業は、この新プラットフォームによって同期されたマルチスクリーンに、直感的かつ画期的な映像体験を配信できるようになります。例えば、マルチスクリーン クラウド デジタルビデオレコーダー(DVR)があれば、利用者は、番組を最初から見直したり、過去のエピソードに遡って視聴したり、DVRでキャプチャしたコンテンツを、好きな場所でさまざまな画面で再生できます。

ビデオ配信企業は、「TV Everywhere」サービスを超える、敏捷でオープンなソフトウェア プラットフォームを持つことができ、マルチスクリーンへの没入できるような映像体験を迅速に配信可能になります。これにより事業者は提供するサービスをユニークに差別化でき、さらにブランドイメージも高めることができます。

シスコは2011年のCESにおいて、Videoscape TV サービス配信プラットフォームを発表しました。Videoscape Unity は、シスコのVideoscapeと、2012年にシスコによって買収された大手ビデオソフトウェアおよびコンテンツセキュリティプロバイダであるNDSの資産およびビジネスモデルを統合することで誕生したソリューションです。新プラットフォームはクラウド、ネットワーク、クライアントベースの一連のコンポーネントで構成され、オープンインターフェイスを介して接続されます。
詳細はこちら

Immersive Experiences- Powered by Videoscape Unity

関連ビデオ

2013 CES Videoscape Demo - 2013 Consumer Electronics Show (YouTube)

関連リンク

Cisco Videoscape Unity (英語) 詳細はこちら