トピックス

*IE8、IE9でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

シスコ、設置面積と電力の要件を大きく緩和する
100G次世代トランシーバ発表

イメージ

米国シスコは、業界でもっともコンパクトで電力効率に優れた100 ギガビット/秒(100G)対応トランシーバテクノロジーを発表しました。同トランシーバは、CFP など他の形態のものに比べて、設置スペースと電力の要件が 70% 以上削減されています。この革新的な Cisco CPAK™ トランシーバが最初に搭載されるのは、Cisco® ONS 15454 MSTP 100 G コヒーレントトランスポンダです。将来的には、シスコのnLight™シリコンを利用したルーティングおよびスイッチング用のラインカードにも CPAK テクノロジーが実装されることが決まっています。

Cisco CPAK テクノロジーを採用したソリューションは、急速に増大する帯域幅需要に対応しつつ、100G サービスの導入に向けてポート密度を高め、消費電力を抑える設計になっています。

シスコは先進の光ファイバと最先端の集積回路(IC)技術を組み合わせることで、業界で初めて相応の 100G 標準に完全に準拠した量産用 CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor; 相補型金属酸化膜半導体)トランシーバを開発しました。40 年以上にわたり実証済みの CMOS IC 技術に 4,000 億ドル以上を投資してきた経験を活かし、信頼性の高い成熟した CMOS 製造技術を利用して、複雑な製造技術に伴うリスクを緩和します。Cisco CPAKは、100Gの導入コスト削減に向け、大きなチャンスを提供できる業界ソリューションです。
詳細はこちら

関連リンク

Cisco Carrier Packet Transport (CPT)システム  詳細はこちら

キャリアイーサネット  詳細はこちら