ケーススタディ

*IE8、IE9でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

【Cisco ASR 9000 シリーズ 導入事例】NTTコミュニケーションズ株式会社

コストパフォーマンスを高めるためCisco ASR 9000シリーズを採用、nV(ネットワーク仮想化)テクノロジーのサテライト機能活用で小規模拠点の展開も容易に

イメージ

世界有数のグローバルTier1ネットワークとして、高い評価を受け続けているNTTコミュニケーションズ株式会社のグローバルIPネットワーク(GIN)。ここではエッジ/アグリゲーションに、Cisco ASR 9000シリーズが採用されている。ポート密度の高いラインカードの活用などによって機器を集約することで、サービス拡充とコスト削減が同時に進められているのだ。また2012年12月にはCisco ASR 9000vの導入もスタート。nV(ネットワーク仮想化)テクノロジーのサテライト機能で小規模拠点の展開も容易になった。これによってさらに低コストな顧客アプローチを実現することで、顧客層の拡大につながると期待されている。

サービス拡充とコスト削減を
両立するために機器の集約へ

 高品質なサービスをいかにして低コストで提供するか。これはインターネットサービスプロバイダ(ISP)にとって、生き残りのための重要課題である。コスト削減を進めていくには、設備投資の最適化や運用管理負担の軽減が欠かせない。また顧客が求める帯域幅を確保し続けるには、最先端の機器を導入し続けることも求められる。そして新たなアーキテクチャへのキャッチアップも不可欠だ。進化したアーキテクチャが、コストパフォーマンスを飛躍的に高めることも少なくないからである。

 これらの要求を満たすため、顧客に対するサービス提供の最前線となるエッジ/アグリゲーションに、Cisco ASR 9000シリーズを採用しているのが、NTTコミュニケーションズのグローバルIPネットワーク(GIN)だ。

 GINは、日本、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアの世界主要国結ぶ、高速かつ大容量のTier1ネットワーク。その前身は1997年秋にサービスを開始したNTT国際通信株式会社のIPBBサービスであり、当時はまだISPにとって困難だった海外接続を実現、その後米国のTier1通信事業者であったベリオ社(Verio)を買収、両社のネットワークを統合することでGINが誕生した。当初は日米間を45Mbpsで接続していたが、2002年にはその100倍以上となる5Gbpsを突破し、現在では680Gbpsの容量を実現。アジア・オセアニアにおける容量も592Gbpsに達している。その一方で2001年には、業界最高水準のSLA(品質保障制度)も全世界で導入開始。数多くのISPとコンテンツプロバイダが利用する、世界有数のグローバルTier1ネットワークなのである。

 通信業界で最も権威のある「World Communication Awards(WCA)」での数々の受賞実績があり、2011年には「Telecom Asia Awards 2011」の「Best wholesale Carrier賞」を受賞するなど、業界における評価も極めて高い。しかし「競合他社とは常に厳しい競争にさらされています」と、NTTコミュニケーションズ株式会社 ネットワークサービス部 テクノロジー部門で担当部長を務める福田 健平氏は言う。この競争の中で勝ち残っていくためにNTTコミュニケーションズは、高品質かつ高信頼な環境の提供と、サービスラインアップの拡充を続けてきた。その一方でコスト削減にも、積極的に取り組んできたと説明する。

 サービス拡充とコスト削減を両立するには、機器の集約が重要なポイントになる。これによって設置スペースに必要なコストや運用コストが削減できるからだ。またサービス拡充に伴う機器増設が抑制できれば、追加投資も抑えられる。NTTコミュニケーションズがGINにCisco ASR 9000シリーズを採用したのも、この機器集約が最大の目的だと福田氏は言う。

イメージ

「nVテクノロジーによってCisco ASR 9000の一部を、サテライトに“張り出す”ことができます。小規模拠点へのサービス展開は、今後ビジネスを拡大していくための重要なアプローチになるはずです」

NTTコミュニケーションズ株式会社
ネットワークサービス部
テクノロジー部門
担当部長

福田 健平

イメージ

「Cisco ASR 9000のスロットを低速ポートに使ってしまうのはもったいない。Cisco ASR 9000vを使って低速ポートを外に出してしまえば、ポート単価を引き下げることも可能になります」

NTTコミュニケーションズ株式会社
ネットワークサービス部
テクノロジー部門
担当課長

森信 拓

Cisco ASR 9000 シリーズ 導入事例 : NTTコミュニケーションズ株式会社