トピックス

*IE8、IE9でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

Cisco CRS-X/CPAKがInterop Tokyo 2013
“Best of Show Award”でグランプリ受賞

イメージ

6月12日〜14日に幕張メッセで開催されたInterop Tokyo 2013において、Cisco Carrier Routing System -X(Cisco CRS-X)と100G CMOSベース光トランシーバCPAKが、次世代ITトレンドを牽引する優れたイノベーションを決定する“Best of Show Award”のキャリア/SPネットワーキング部門で、グランプリを受賞しました。キャリアコアを永年支えてきたこと、ワールドワイドでのローンチと同時期にインターロップで紹介できたことに加え、ShowNetでの動態展示が高く評価を受けたものです。

その他にも、データセンタ&ストレージ部門でCisco Nexus 6000シリーズ スイッチ、IoT/M2M部門でCisco 1240 Connected Grid Router (CGR)、そして今年のShowNetで活躍が認められた製品に贈られるShowNetデモンストレーション部門でにてCisco CMX (Cisco Connected Mobile Experience)がグランプリを受賞しました。さらに、エンタープライズ向けネットワーキング、クラウドプラットフォームの2部門でも特別賞を受賞しました。
詳細はこちら

関連リンク

シスコ、業界をリードするCRSファミリにCarrier Routing System-X(CRS-X)を拡充 詳細はこちら

シスコ、100ギガビットCMOSベースの次世代トランシーバを発表 詳細はこちら

inSPIre アーカイブスの関連記事一覧 詳細はこちら