トピックス

*IE8、IE9でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

日本のIoEの価値は今後10年間で7,610億ドルに
〜シスコホワイトペーパー予測

イメージ

シスコは、インターネット上で人、プロセス、データ、モノをインテリジェントにつなぐ、Internet of Everything(以下 IoE)の世界の可能性を検証し、今後10年間に日本を含むグローバル企業のIoE に関する経済価値をまとめたホワイトペーパーを発表しました。

シスコでは、現実世界に存在するモノの99.4%はまだインターネットに接続されていないと推定しています。試算では、2000 年には約2 億個にすぎなかったインターネットに接続可能なモノが、モバイルコンピューティングなどの技術の進歩により、2013年現在、この数字は100億近くまで増加し、すでにInternet of Things(IoT)時代は到来していると考えています。この勢いはさらに加速し、2020年までには500億までに上り、インターネットは、人、プロセス、データ、モノを組み合わせたIoE時代へと大きく成長すると考えています。

特に日本においては、IoEを推進する大きな要因として、ユビキタスに近い超高速ブロードバンド接続網が政府、企業、家庭の間で計画的に整備されており、この高速接続により、IoEの普及を促進し、日本が他の国々に先駆けてIoEを牽引して行く可能性を秘めています。

日本は、デフレに立ち向かう手段としてIoEがもたらす経済成長を実現し、巨額の政府赤字の削減に向けて歳入を増やすための投資を行う必要があります。一方、産業界でも、競争優位性と顧客の需要拡大につながる新製品およびサービスを生み出すために、生産性を重視した投資を行わなければなりません。日本がIoEのもたらす恩恵を得るためには、(特に新規参入企業と小規模企業に向けて)資本市場を開放し、重要なスキルを持つ人材の企業間の移動がしやすくなるよう、労働力市場を改革し、整備する必要があると言えます。

このIoEホワイトペーパーは、今後10年間のグローバルおよび、日本におけるIoEの活用による民間企業におけるインパクトとIoEがもたらす可能性を示唆し、経済価値を推定したものです。企業がIoEを積極的に推進することによって、より密接で価値のある「つながり」によって生み出されるイノベーション、生産性、効率性、カスタマーエクスペリエンスの向上を実現するためのヒントとアドバイスを提供します。

詳細はこちら

関連リンク

TOMORROW starts here. (シスコInternet of Everythingキャンペーンサイト)  詳細はこちら

いよいよ本格化するInternet of Things(inSPire第10号特集記事)  詳細はこちら