シスコ データーセンター ソリューション導入事例:株式会社 NTTデータ グローバルソリューションズ

SAP運用サービス「INERPI」の中核にシスコを採用 シンプル、セキュアかつ拡張性の高いサービス基盤で 日本企業の“攻めのグローバル化”を支援

イメージ

事例PDFダウンロード

日本企業のグローバル化を支援するために、NTTデータグループ内のSAP関連事業を統合する形で設立された、株式会社 NTTデータ グローバルソリューションズ。ここではコア サービスの1つである、SAP運用のシェアードサービス「INERPIA」の中核システムに、シスコのソリューションが採用されている。その決め手になったのは、帯域の確保が容易なアダプタFEXによる仮想ネットワークと、セキュリティ アプライアンスの集約が可能なCisco ASA 5500シリーズ、10Gラインでの接続が可能なCisco UCSとCisco Nexusの組み合わせだった。これによってシステム全体をシンプル化しながら、高い拡張性を実現。サービス提供までの時間とコストを大幅に低減している。またネットワークまで含んだ仮想化を前提に運用プロセスを標準化することで、サービス基盤の安定運用とサービス品質の向上を実現。“攻めの経営”をサポートする”攻めのサービス”が可能になったと、高く評価されている。

SAPのグローバル展開の課題を解決する
SAPシステム特化したフル アウトソーシング サービス「INERPIA」

 グローバル化をどのように実現していくか。これが今、多くの日本企業の重要課題になっている。これまでは生産拠点に過ぎなかった新興国は、市場としても重要性を増してきた。また調達を最適化するには、バリューチェーンを世界規模で構築することも求められる。さらに、海外企業との競争には圧倒的なスピード感が前提となり、価値観の異なる人々を効果的に組織化する必要もある。グローバル化は新たなチャンスをもたらす一方で、日本企業が超えなければならない様々な課題を、顕在化するものでもあるのだ。

 このようなグローバル化に伴う各種課題を解決するため、NTTデータグループが2012年7月に設立したのが、株式会社 NTTデータ グローバルソリューションズである。NTTデータグループは、グループ内の複数企業に分散していたSAP関連事業を、同社に統合。これによって、日本企業のグローバル展開に伴うシステムのグローバル化需要に応えているのである。

 「グローバル化を成功させるには、選択と集中の観点から、戦略的事項により注力できる環境を整える必要があります」と語るのは、株式会社 NTTデータ グローバルソリューションズ 代表取締役常務の小川 兼一郎氏。株式会社 NTTデータ グローバルソリューションズは、NTTデータグループにおけるSAPソリューションのコア カンパニーとして、このような環境整備を支援する存在なのだと説明する。「20年以上にわたるSAP事業の経験を集約し、エッジの効いたプロフェッショナル集団として、日本企業のグローバル化を成功に導いています」。

 その一環として同社が展開しているのが「INERPIA(イナーピア)」というサービスだ。これはNTTデータグループのグローバル要員とインフラを活用し、SAPシステムの運用サービスをワンストップで提供するというものである。

 「日本企業がグローバル化する際に、国内と同じ運用品質でSAPシステムを海外展開したいというご要望が増えています」と説明するのは、株式会社 NTTデータ グローバルソリューションズ 執行役員 アウトソーシング事業部長の芦田 尚樹氏だ。しかし個々の企業がこれを自力で実現しようとすると、運用スタッフを個別に抱える必要が生じるため、どうしても高コスト化してしまう。また各リージョンに分散したSAPの運用管理では、運用品質にもばらつきが生じやすいとも言う。

 「INERPIA」ではこの問題を解決するため、全世界の各リージョンにある「SAP Solution Manager」と、日本国内にあるNTTデータグローバルソリューションズの「SAP Solution Manager(Global Solution Manager) 」を連携させている。「SAP Solution Manager」は、SAPソリューションを集中管理する管理ツールセットだ。(図1)。顧客は各リージョンのSAP Solution Managerを介してサービスのリクエストを行うことで、NTTデータ グループのSAPプロフェッショナルによる各種運用サービスを、全世界で受けられるのだ。またここで発生した情報は、全てGlobal Solution Managerに集約される。これによってシェアードサービスならではのコストメリットと、世界レベルで統一された運用ポリシー、ナレッジの共有が可能になるのである。

図1 「INERPIA」のサービス基盤の構成。世界各リージョンのSAP Solution Managerを日本国内のGlobal Solution Managerと連携させることで、シェアードサービスならではのコストメリット、世界レベルで統一された運用ポリシー、ナレッジの共有を可能にしている。

図1 「INERPIA」のサービス基盤の構成。世界各リージョンのSAP Solution Managerを日本国内のGlobal Solution Managerと連携させることで、シェアードサービスならではのコストメリット、世界レベルで統一された運用ポリシー、ナレッジの共有を可能にしている。

シスコ データーセンター ソリューション導入事例:
株式会社 NTTデータ グローバルソリューションズ