トピックス

*IE8、IE9、IE10でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

シスコ、2016年リオ オリンピック・パラリンピック大会の
公式サポーターに選定

イメージ

ブラジルのリオデジャネイロで開催される2016年夏季オリンピック・パラリンピック競技大会において、ネットワーク機器およびエンタープライズ サーバ等を提供する公式サポーターとしてシスコが選定されました。

本大会のためのネットワークは、IOC(国際オリンピック委員会)やその他の2016年リオデジャネイロ オリンピック パートナーとの協力の下に構築されます。シスコが提供するネットワーク基盤の中には、有線/無線LAN機器、IPルータのほか、ネットワーク セキュリティ、データセンター ネットワーキング、ネットワーク管理システムに必要なハードウェアが含まれます。 シスコはまた、シスコ ユニファイド コンピューティング システム ブレード、ラック サーバ等のデータ センター向けエンタープライズ サーバも提供します。

シスコは、ミッション クリティカルなネットワークやデータ センターのサポートにおける世界レベルの経験を活かし、計画・設計フェーズから、導入・運用に至るまでのネットワーク構築/エンタープライズ サーバ プロジェクトのライフ サイクル全般に渡って、リオデジャネイロ オリンピックおよび他のテクノロジー パートナーを支援します。

イノベーションの先導を支援することは、2016年リオデジャネイロ オリンピックでのシスコのパートナーシップにおいて重要な要素です。市行政機関とのコラボレーションの下、シスコは、オリンピック競技大会の後もリオデジャネイロ市と市民が利用できるテクノロジー インフラの開発を支援します。

2012年のロンドン オリンピックでは、シスコはネットワーク機器の公式サポーターとして、多様な状況に対応したネットワークやテクノロジー エコシステム、そして世界レベルのサービスを提供しました。

関連リンク

Rio 2016 selects Cisco as Official Supporter of the Rio 2016 Olympic and Paralympic Games (英語、ブラジル シスコサイト) 詳細はこちら