トピックス

*IE8、IE9、IE10でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

全大阪府立学校向けにICT基盤を統合、13,000台のPCが仮想デスクトップに移行

イメージ

大阪府教育委員会事務局が、ヴイエムウェア、シスコ、ネットアップの提供する各種ソリューションにより、大阪府内の約170校の全府立学校の教職員が利用するICT環境を統合するとともに、教職員が使用する約13,000台のPCを仮想デスクトップに移行すると決定しました。

大阪府教育委員会事務局は、ヴイエムウェアの仮想化ソフトウェア、シスコのUCSサーバとNexusスイッチ、ネットアップのNetApp FASストレージで構成される検証済みデータセンター プラットフォームであるFlexPod®によるICT基盤の統合と、ヴイエムウェアの仮想デスクトップ ソリューションであるVMware Horizon View™による仮想デスクトップ環境の導入により、教育向けでは国内最大規模となる仮想デスクトップ基盤(VDI)を構築予定です。これにより、シンプルかつ一元的な運用管理を通じた業務効率の向上と、セキュアで信頼性の高いICT環境を実現可能となります。

詳細はこちら