シスコ ユニファイド コンピューティング システム導入事例 ソネット株式会社

“世界最速”を謳う新サービスの基盤にCisco UCS  を採用優れた統合管理性を最大限に活かして人員やコストの負担抑制と高効率なインフラ運用を両立

イメージ

事例PDFダウンロード

多くのユーザが安心して利用できるインターネット接続サービスを長年にわたって提供しているソネット株式会社は、環境の変化やユーザの価値観の多様化をスピーディに捉え、新たな価値の提供に努めている。“世界最速”を謳う新サービス「NURO 光」はその1つであり、同社はインフラにCisco Unified Computing Systemを採用することで、構築期間の大幅な短縮、運用管理の負担抑制、顧客への高品質なサービス維持という数々の目標を達成している。

導入の経緯
新サービスの基盤構築を早期に行うにはCisco UCSが最適と判断
人員やコストなど運用面の課題解決にも期待

 下り通信速度で最大2Gbpsを実現※1し、個人宅向け商用FTTH サービスで“世界最速”を謳う※2ソネット株式会社の「NURO 光」。2013年4月のサービス開始から、そのパフォーマンスとリーズナブルな価格で注目を集めている。また、モノトーンを基調とした印象的なプロモーション展開も関心の的となっている。

 同社はこのサービスを展開するためのインフラ(サーバ システム)に、インテル®Xeon®プロセッサーを搭載したCisco Unified Computing System(以下Cisco UCS)を採用。期待どおりの効果を実現し、社内の評価も高まっているという。

 基幹ネットワークシステム部の今林正裕氏は、Cisco UCS採用の理由を次のように話す。

 「今回のサービス基盤構築は、サービス開始に向けて短期間で構築を完了すること、ランニング コストをできるだけ小さくすることを求められており、これらの要求に確実に応えるためのシステムとしてCisco UCSは最適だと考えました。ネットワークを含めたシステム全体の統合管理というコンセプトには強く共感できますし、発表当時から注目していた製品です。最近は他社のサーバ製品でも統合管理を謳うものが一般的ですが、Cisco UCSは後発であることの強みとして、コンセプトの一貫性や実際の作り込みのレベルがまったく違うと思います。これは、短期間、低コストを目指す我々には一番の魅力でした。」

 検討段階では構築後の運用や管理にかかるコストについても試算を行い、他社製品を導入した場合との違いを明確にして、Cisco UCSの優位性を示したとのこと。基幹ネットワークシステム部の松原雅信氏は、次のように話す。

 「Cisco UCSで実現される統合管理は、構築時はもちろん、後の運用にも大きな効果をもたらす期待がありました。シスコの“ワイヤ ワンス(Wire Once)”という考え方は魅力的で、ランニング コストを含めトータルで考えたときに、とても有利になると思ったのです。少ない人員で円滑に運用でき、都度データセンターに行かなくてもすむようにすることは、検討段階から目標の1つでした。」

 また、今回の導入を機に、同社としてサーバ システムの選択肢を増やしておきたいという気持ちもあったと今林氏は話す。

 「通常は、あるベンダーの製品を導入して特に問題が生じなければ、次回も運用実績やノウハウを持った同じベンダーの製品を採用することが多いのですが、その結果としてサーバの選択肢が1社だけになってしまうことには不安がありました。機能、パフォーマンス、コストなどさまざまな面で選択肢があり、規模や要件に応じて最適なものを選べるようにすることも大切ではないかと考えていました。今回は、Cisco UCSがぴたりとはまり、ベストな選択ができたと思います。」

※1 NUROネットワークからお客様宅(ご利用場所)に設置する宅内終端装置(ホームゲートウェイ)へ提供する最大速度
※2 個人宅向け商用FTTHサービス市場において。Informa Telecom & Media 2013年4月時点調べ

シスコ ユニファイド コンピューティング システム導入事例:
ソネット株式会社