トピックス

*IE8、IE9、IE10でページが正しく表示されない場合は「ツール」メニューから「互換表示設定」をご変更ください

シスコのOpFlex、業界で広くサポート:標準化プロセスが現在進行中

イメージ

シスコは、業界リーダー各社と協力して、データセンターにおけるApplication Centric Infrastructure(ACI)ビジョンに基づき、標準ベースの新しいオープン プロトコル“OpFlex”の導入を通した情報技術(IT)の変革に対する継続した取組みを発表しました。OpFlexを通して、Cisco ACIは次世代ネットワークのための標準ベースのビルディング ブロックを提供しつつ、複数の業界リーダーと共にイノベーションの促進を図ります。

OpFlexはCitrix、IBM、Microsoft、Sungard Availability Servicesとの共同開発により完成しました。独自のメカニズムにより、ネットワーク コントローラを使って、充実したネットワーク ポリシーをデバイス上で直接レンダリング可能な一連の“スマートな”デバイスに抽象ポリシーを転送することができます。シスコのApplication Policy Infrastructure Controller(APIC)とOpFlexを利用することで、マルチデータセンター環境でのポリシー フェデレーションによる完全なポリシー実行が可能になり、アプリケーションの大規模な導入と管理に対応していただけるようになります。

シスコはOpFlexオープンソース コミュニティの一員として長年にわたり活動しており、オープンソース テクノロジーの発展の推進、オープンスタンダードの開発の拡大、および持続可能なイノベーションに向けた投資に努めています。OpenStackのように広く普及しているオープンソースベースのソリューションをはじめ、広範なエコシステムにおけるサポートを促進するために、シスコは共同開発企業各社と協力してIETFを通じたOpFlexの標準化を支援し、オープンソースの実装を提供していく予定です。

ニュースリリース:シスコと業界リーダー各社、OpFlexプロトコルを利用して、Application Centric Infrastructure(ACI)のための標準ベースのオープンなマルチベンダー ネットワークを提供 詳細はこちら

ニュースリリース:シスコ、データセンター イノベーションを推進 詳細はこちら

アプリケーション セントリック インフラストラクチャApplication Centric Infrastructure(ACI) 
詳細はこちら

データセンターと仮想化 詳細はこちら