inSPire は、シスコがサービス プロバイダー向けに厳選した、シスコの高度な技術と最新のニュースをお届けするニュースマガジンです。

『ぷらら』新拠点に Cisco ASR 9904 と新型高密度ライン カードを採用

アジア地域で初導入、省スペース省電力で将来にも柔軟に対応可能な 100 GE 基盤を確立

会員数 約 600 万のインターネット接続サービス『ぷらら』や、スマート TV サービス『ひかりTV』等を提供し、顧客から高く評価され続けている株式会社 NTTぷらら。ここでは『ぷらら』新拠点のルータとして、Cisco ASR 9904 と新型高密度ライン カードが採用されている。その最大の理由はネットワーク設計の柔軟性と投資保護、投資コストの最適化にある。シスコの CPAK テクノロジーに対応した新型高密度ライン カードでは、同一カード上において 100 GE ポートと 10 GE ポートの柔軟な選択が可能。ライン カードの搭載枚数を最小化した結果、省スペース化と省電力化によりハウジング コストを大幅に削減できた。さらにネットワーク構成に応じたポート ライセンス方式によって、投資の最適化も実現。年率約 30% という急速なトラフィック増加にも、柔軟かつ低コストで対応できる基盤を確立している。

PDFはこちら
増加し続けるトラフィックへの対応と
ディザスタ リカバリのための新拠点構築が課題

 国内のインターネット人口普及率は 8 割を超え、ほとんどの人々がインターネットを利用する世の中になって久しい。一方、インターネット上のサービスの広がりは留まるところがなく、様々なサービスが日々増え続けている。これに従い一人当たりのトラフィックは着実に増加し続けている。このような環境にどのように対応し、お客様に快適なサービスを提供し続けていくか。これはサービス プロバイダーにとって、避けて通れない重要課題の 1 つだと言えるだろう。

 この課題に対応するため、Cisco ASR 9904 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ(以下、Cisco ASR 9904)を活用しているのが、株式会社 NTT ぷらら(以下、NTT ぷらら)である。

同社は NTT コミュニケーションズのグループ企業として、NTT 東日本および NTT 西日本のフレッツ・光サービスを利用した接続サービス『ぷらら』を提供する、大手サービス プロバイダー。『ぷらら』の利用者数は約 300 万人で、2008 年に開始したスマート TV サービス『ひかりTV』も急速な成長を見せている。ぷららでは大規模災害対策として以前より通信設備の拠点分散を進めている。今回、新拠点のコア ルータと、フレッツのアクセス ネットワークと接続するためのエッジ ルータに Cisco ASR 9904 を採用した。

 「東日本大震災のような大規模災害が発生した際、インターネットは情報交換、収集の重要な手段として利用されます。大規模震災が発生した場合、インターネット接続サービスが利用できない状況を局在化し、サービス継続性を高めることが望まれています。」『ぷらら』設備分散の背景について、このように説明するのは、NTT ぷらら 取締役 技術本部長 永田 勝美氏だ。また大規模なサービス プロバイダーに対し、サービス継続性の観点から重要な通信センターを地域的に分散すべきとする法令改正の動きがある。今回の取り組みは、このような動きを先取りするものでもあると言う。

 その一方で永田氏は『ぷらら』が抱えるもう1つの重要課題について次のように述べる。「インターネット上の様々な動画配信サービスが数多く登場し、さらにその動画品質も SD(標準画質)から HD(高精細画質)、さらには 4K(超高精細画質)へと高品質化へ移行しています。『ぷらら』の多くのお客様もこのようなサービスを頻繁に利用していることから、一人当たりの利用トラフィック帯域は年率約 30% の割合で増加し続けています。我々はこのようなお客様に対して従来の料金の範囲の中で、快適に利用できるサービス品質を提供しなければなりません。そのためにはコア ルータやエッジ ルータのキャパシティを効率的にそしてタイムリーに拡張していく必要があります。」

 では、どのように必要なキャパシティを効率的にタイムリーに確保していけばいいのだろうか ? この問いに対する最適解として導き出されたのが Cisco ASR 9904 の導入だったのである。

イメージ
イメージ
イメージ
製品選択の重要指標だったポート密度
第三世代ライン カードと CPAK 対応で 100 GE 高密度を実現

 『ぷらら』新拠点構築に向け、社内検討が始まったのは 2014 年 2 月。その後、拠点間接続方式などのグランド デザインを 2014 年 5 月までに固め、通信機器ベンダー各社に相談しながら導入製品の検討が進められていった。 2014 年 10 月には RFP(提案依頼書)を提示、その 2 ヶ月後に Cisco ASR 9904 の採用を正式決定した。

 それでは何故 Cisco ASR 9904 を選んだのか。NTT ぷらら 技術本部 ネットワーク管理部マネージャーの西岡 大貴氏は、「機器への初期コスト、運用時のハウジング コスト、ポート設計の柔軟性、将来の拡張性などの複数の観点から比較検討を行った結果、Cisco ASR 9904 が最も優れた製品であると評価したからです」と説明する。

 続けて、「シスコの前世代のライン カードと比較しても、100 GE ポートの密度は 4 倍あります。ハウジング コストは設備維持コストの中で大きな割合を占めるので、ポート密度は製品選択の重要な指標になります」と述べる。シスコでは今年 2 月に第三世代ライン カードをリリースしたが、ここでは新型ネットワーク プロセッサ (Tomahawk) と新型トランシーバ CPAK が重要な技術となる。まず、新型ネットワーク プロセッサでは大容量トラフィックに対応するためにパフォーマンスとスループットを旧来よりも大幅に改善しており、さらに消費電力も削減している。また、従来の 100 GE トランシーバである CFP はサイズおよび消費電力が大きいことから高密度化に課題をかかえていた。シスコはその課題を CPAK トランシーバにより解決している。Cisco CPAK は最新のシリコン フォトニクス テクノロジーを用いることで、トランシーバの小型化、消費電力の削減に成功しており、最大消費電力とサイズを CFP の約 4 分の 1 としている。さらに IEEE 802.3ba に準拠していることから、他装置接続との相互接続性にも問題がない。

Cisco ASR 9904 シャーシ外観。2 枚の新型高密度ライン カードを搭載可能。

『ぷらら』新拠点に Cisco ASR 9904 と新型高密度ライン カードを採用

バックナンバー
Issue 19(2015年7月)Issue 18(2015年1月)Issue 17(2014年10月)Issue 16(2014年7月)Issue 15(2014年5月) Issue 14(2014年1月) Issue 13(2013年10月) Issue 12(2013年7月) Issue 11(2013年5月) Issue 10(2013年1月) Issue 09(2012年11月) Issue 08(2012年7月) Issue 07(2012年5月) Issue 06(2012年2月) Issue 05(2011年11月) Issue 04(2011年7月) Issue 03(2011年5月) 2011春の特別号(2011年3月) Issue 02(2011年2月) 創刊号(2010年10月) 創刊準備号(2010年7月)