inSPire は、シスコがサービス プロバイダー向けに厳選した、シスコの高度な技術と最新のニュースをお届けするニュースマガジンです。

シスコ、新たなサービス プロバイダー向けセキュリティ ソリューション発表

シスコは、データセンターからエンドポイント、ブランチオフィス、クラウドまでを含めた拡張ネットワークのあらゆる場所にセキュリティを組み込み、広範に脅威を可視化して制御できる新機能とサービスを発表しました。あらゆる場所にセキュリティ機能を統合する「Security Everywhere」を実現することによって、企業やサービスプロバイダーは、ダイナミックに変動する今日の脅威に対応するための脅威中心型セキュリティの要件を提供できるようになり、デジタルエコノミーや Internet of Everything (IoE) の台頭によって創出される新たな事業機会を確実につかめるようになります。

オープンで柔軟性を持ったプログラマブルなインフラストラクチャに対するサービスプロバイダーのニーズに対応するため、シスコは高度な脅威中心型保護を Evolved Programmable Network (EPN)にも拡張します。Cisco EPNはシスコのオープンなネットワークアーキテクチャの基盤として、Software Defined Networking(SDN)やNetwork Functions Virtualization (NFV)の採用を進め、収益化までの時間を短縮すると同時に、新規サービス導入にかかるコストや煩雑さを削減するよう設計されています。

シスコの新たなサービスプロバイダー向けセキュリティ ソリューションには、以下が含まれます。

  • Cisco Firepower™ 9300 統合セキュリティプラットフォーム: サービスプロバイダー向けに構築されたキャリアグレードの、高い拡張性とパフォーマンスを備えたマルチサービスセキュリティプラットフォームです。加速するサービス要求やキャリアクラス要件に対応するため、データフローの増加に合わせてセキュリティを拡張することができます。
  • 高度オーケストレーションとクラウド機能の拡張: 新セキュリティソリューションとシスコのアーキテクチャやサードパーティの SDN/NFV ソリューション、さらに Network Service Orchestrator (NSO)、Application-Centric Infrastructure (ACI)を備えたシスコの Adaptive Security Appliance Virtual (ASAv)との統合を容易にします。これらのオーケストレーション機能やクラウド機能にはオーケストレーション、オペレーションサポートシステム/ビジネスサポートシステム、クラウドセキュリティ・アズ・ア・サービスソリューションとの統合のためのオープン API も含まれています。
  • 将来的なセキュリティサービスやアプリケーションに対応するためのセキュアコンテナなどの高度な機能: Cisco ASA ファイアウォールや Radware からのサードパーティ DDoS 攻撃ミティゲーションなど、現在サポートしている機能に加え、2015 年後半にさらに新たな機能が追加される予定です。
バックナンバー
Issue 19(2015年7月)Issue 18(2015年1月)Issue 17(2014年10月)Issue 16(2014年7月)Issue 15(2014年5月) Issue 14(2014年1月) Issue 13(2013年10月) Issue 12(2013年7月) Issue 11(2013年5月) Issue 10(2013年1月) Issue 09(2012年11月) Issue 08(2012年7月) Issue 07(2012年5月) Issue 06(2012年2月) Issue 05(2011年11月) Issue 04(2011年7月) Issue 03(2011年5月) 2011春の特別号(2011年3月) Issue 02(2011年2月) 創刊号(2010年10月) 創刊準備号(2010年7月)