inSPire は、シスコがサービス プロバイダー向けに厳選した、シスコの高度な技術と最新のニュースをお届けするニュースマガジンです。

シスコ次世代 CMTS(ケーブル モデム終端装置)導入事例

株式会社ベイ・コミュニケーションズ

加入者収容効率の高い Cisco cBR-8 の導入により省スペース化とパフォーマンス向上を両立

株式会社ベイ・コミュニケーションズ(以下、ベイコム)は、大阪府大阪市に本社を置き、大阪府大阪市西部と兵庫県尼崎市、伊丹市、西宮市を主なサービス エリアとするケーブル テレビ局です。ケーブル テレビ、インターネット接続、電話のトリプルプレイ サービスを展開しています。

1991 年に設立され、大阪府と兵庫県でサービスを展開するベイコムは、地上デジタル放送から BS デジタル放送や CS デジタル放送等の衛星放送に至るまで、様々な放送を大容量のケーブル回線で顧客に届けています。その一方で最大 160 Mbps のインターネット接続サービスや、KDDI 株式会社と提携した固定電話サービスも提供。地域密着型の様々な取り組みによって顧客満足度を高め続けています。

PDFはこちら
顧客満足度の向上と継続した収益確保が大きな課題

光回線(FTTH)を提供する競合が存在する市場の中で、いかにして顧客満足度を高め、収益を確保し続けるかは、ケーブル テレビ事業者にとって重要な課題だといえます。この課題に対し、アクセス回線のFTTH 化を進めると共に、CMTS(ケーブル モデム終端装置)の刷新も同時に行うことで対応しているのが、株式会社ベイ・コミュニケーションズ(以下、ベイコム)です。

「総務省からも同様のデータが出ていますが、私どものサービスでは年率 50 %の割合でトラフィックが増加しています」と語るのは、ベイコム 技術部 課長の森 繁一氏です。その背景としては、インターネットを介した動画視聴の増加や、スマートフォンの普及が挙げられると説明します。「携帯キャリアと契約したスマートフォンも、家庭内では Wi-Fi で接続することが一般的になっています。最近では使用量を制限した安価なプランも携帯キャリアから提供されるようになり、ケーブルのトラフィック増はさらに加速しています」。

この課題に対応するため、ベイコムでは 2016 年 1 月から一部地域での FTTH 導入に着手。しかし「全ての回線を FTTH 化することまでは考えておらず、将来も長期的に同軸ケーブルは残ると予測しています」と、ベイコム 技術部 課長補佐の宮村 昭弘氏は指摘します。そのため同軸ケーブルのサービスで、CMTS の処理能力をさらに高めていくことは必須条件だと説明します。

既存機器のままで処理能力を高めていくには、CMTS の増設が必要になります。また FTTH 化を推進するには、FTTH 用の機器をヘッドエンドに追加することも求められます。しかしヘッドエンドのスペースはすでに逼迫しており、そのままでは機器の追加も難しい状況になっていたと、宮村氏は振り返ります。

CMTS のパフォーマンス向上と設置スペースの削減を両立すること。これがベイコムにおける大きな課題になっていたのです。

イメージ
イメージ
イメージ

シスコ次世代 CMTS(ケーブル モデム終端装置)導入事例
株式会社ベイ・コミュニケーションズ

バックナンバー
Issue 23(2016年5月) Issue 22(2016年1月) Issue 21(2015年10月) Issue 20(2015年6月)Issue 19(2015年4月) Issue 18(2015年1月)Issue 17(2014年5月) Issue 16(2014年7月)Issue 15(2014年5月) Issue 14(2014年1月) Issue 13(2013年10月) Issue 12(2013年7月) Issue 11(2013年5月) Issue 10(2013年1月) Issue 09(2012年11月) Issue 08(2012年7月) Issue 07(2012年5月) Issue 06(2012年2月) Issue 05(2011年11月) Issue 04(2011年7月) Issue 03(2011年5月) 2011春の特別号(2011年3月) Issue 02(2011年2月) 創刊号(2010年10月) 創刊準備号(2010年7月)