inSPire は、シスコがサービス プロバイダー向けに厳選した、シスコの高度な技術と最新のニュースをお届けするニュースマガジンです。

アルペン スキー ワールド カップ湯沢苗場大会に
Cisco StadiumVision を導入

ICT を活用した屋外スポーツ イベントの新たな楽しみ方を提供

日本で 10 年ぶり、苗場では 41 年ぶりの開催となった「FIS アルペン スキー ワールド カップ 2016 湯沢苗場大会」。ここでは Cisco StadiumVision による映像配信が行われました。これによって「室内で屋外競技を観戦する」という新たな楽しみ方を提供。スポンサー獲得の手段としても効果的だと評価されています。

PDFはこちら

これからのスポーツ競技会は広く情報を発信し、より多くの方々に楽しんでいただくことが必要です。ICT を活用した新たな観戦スタイルは、そのための重要な手段です

公益財団法人 全日本スキー連盟
理事 皆川 賢太郎 氏




「FIS アルペン スキー ワールドカップ」は、世界で 5 億人以上の人々が注目する、世界有数のプロ スポーツ エンターテイメントです。毎シーズン欧米を中心に、世界各国 10 〜 20 の都市を転戦、その盛り上がりは「白いサーカス」と称され、サッカー以上の盛り上がりを見せる国も少なくありません。そのアルペン スキー ワールド カップが、2006 年の志賀高原での開催以来、10 年ぶりに日本(湯沢町苗場)で開催。ICT を活用した新たな観戦スタイルを実現し、大きな注目を集めました。

観戦のハードルの高さが課題

人々に夢と感動を与え、人生をより豊かなものにするスポーツ。2020 年の東京オリンピック・パラリンピック大会の開催を控えた現在、その振興のための環境整備は極めて重要な課題の 1 つだと言えます。その取り組みの一環として、ICT を活用した新たなスポーツ観戦のあり方を示したのが、2016 年 2 月に開催された「FIS アルペン スキー ワールド カップ 2016 湯沢苗場大会」です。

「今回のワールド カップは、湯沢では 41 年ぶり、日本でも 10 年ぶりとなる大会でした」と語るのは、湯沢町教育委員会 ワールドカップ推進室 室長の前原 力氏。これまでとは違う、ユニークで新しい取り組みを行いたいと考えていたと言います。

また冬季オリンピック 4 大会連続で日本代表となり、現在は全日本スキー連盟の理事を務める皆川 賢太郎氏は、次のように語ります。

「10 年前の日本大会以降、日本経済は厳しい状況にあり、ウィンター スポーツも今後どうあるべきかを問われる中でのワールド カップになりました。これまでは競技を行うことだけに注力していましたが、今回はより広く情報を発信し、さらに多くの方々に楽しんでいただける大会にしたいと思っていました」。

しかしアルペン スキーは自然の中のスポーツであり、その観戦は決して簡単なものではありません。雪の中の競技コースに足を運ぶ必要がある上、選手は一瞬の間に目の前を通過してしまいます。

「今回の大会ではゴール付近に VIP ラウンジを用意し、室内からの観戦も可能にしましたが、スタート地点は山の高い位置にあるためここからは目視できません」と前原氏。また観客層を拡大するには、選手の情報を適宜提供することも必要だったと指摘します。「観戦のハードルを下げ、快適な環境で競技を楽しんでいただくには、ICT を活用した演出が必要だと考えました」(前原氏)。

ライブ映像を高画質かつリアル タイムに近い超低遅延で配信でき、スポンサーの広告映像も動画でオーバーレイ可能。システム構築もスムーズに行えました。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

アルペン スキー ワールド カップ湯沢苗場大会に Cisco StadiumVision を導入

バックナンバー
Issue 24(2016年7月) Issue 23(2016年5月) Issue 22(2016年1月) Issue 21(2015年10月) Issue 20(2015年6月)Issue 19(2015年4月) Issue 18(2015年1月)Issue 17(2014年5月) Issue 16(2014年7月)Issue 15(2014年5月) Issue 14(2014年1月) Issue 13(2013年10月) Issue 12(2013年7月) Issue 11(2013年5月) Issue 10(2013年1月) Issue 09(2012年11月) Issue 08(2012年7月) Issue 07(2012年5月) Issue 06(2012年2月) Issue 05(2011年11月) Issue 04(2011年7月) Issue 03(2011年5月) 2011春の特別号(2011年3月) Issue 02(2011年2月) 創刊号(2010年10月) 創刊準備号(2010年7月)